アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
高菜の万華鏡
ブログ紹介
オカメインコ『ルビー』はおかげさまで一歳を超え、我が家の環境に少しづつ慣れてきて、時々喋ったり、飛び回って元気にしております。
読者諸氏には末永くお付き合い願いたいと存じます。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
しばらく、メンテナンスいたします。
しばらく、メンテナンスいたします。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/12 01:40
霧にかすむ湖東を散策する_その2
霧にかすむ湖東を散策する_その2 『西堀栄三郎記念探検の殿堂』から名神高速道路を挟んで東へ向かい湖東三山の一つ『百済寺(ひゃくさいじ)』を目指しました。山沿いの方が霧が濃く少々やばい。紅葉の季節にでも行けばよいものをわざわざ、気象条件の悪い時期に行ったのか?と思われるかもしれません。この寺は聖徳太子の開基と伝えられる、近江最古級の名刹であります。そういう意味では古い時代に思いをはせながら霧の参道を散策するのも趣があり、水墨画の世界にひたるような情緒を味わいました。湖東三山:滋賀県湖東地方の西明寺、金剛輪寺、百済寺の三つの天台宗寺... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/01/20 13:36
霧にかすむ湖東を散策する_その1
霧にかすむ湖東を散策する_その1 前年末の12月21日は、東近江市の『西堀栄三郎記念探検の殿堂』や湖東三山の一つである『百済寺』を訪れていました。この日は珍しく丹波地方から琵琶湖周辺に至るまで午後になっても深い霧に包まれており、幻想的雰囲気・・・。しかし、道路状況からいえば危ないですよね。「The fog was so thick I couldn't see the taillights of the car in front of me.」てな状態ですわ。深い霧の状況は『百済寺』の項で画像を見ていただくとして、はじめに『西堀... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/01/13 02:57
オカメインコ・ルビーのご先祖様を拝見しに京都市美術館に趣く
オカメインコ・ルビーのご先祖様を拝見しに京都市美術館に趣く 「若冲の京都,KYOTOの若冲」と題した、伊藤若冲展が生誕300年を記念して京都市美術館で開催されていました(10月4日〜12月4日)。私は若冲のことなど何も知りませんでしたが、新聞広告に掲載されている鸚鵡図を見て、”うちのオカメインコ・ルビーにそっくりじゃないか(ルビーも鸚鵡の仲間ですからね。)”と驚いてしまいました。400年余り前から東南アジアとの交易を通じて鸚鵡は日本に渡ってきたといわれています。この展示は面白そうだと12月2日、京都市美術館へ趣きました。 ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/14 00:53
「亀岡の秋、日本の庭園」と題した、デジカメ講座に参加する。
「亀岡の秋、日本の庭園」と題した、デジカメ講座に参加する。 11月23日、生涯学習かめおか財団(ガレリアかめおか内)主催のデジタルカメラの撮影会が亀岡市稗田野にある臨済宗妙心寺派・龍潭寺(りょうたんじ)の庭園でありました。写真同好会の方や私のような初心者を含め十数名が参加。どんよりとした寒空ではありましたが、普段入れないようところまで入ったりして皆さん寒さを忘れ夢中で撮影に励みました。写真は奥深いですね。何枚とってもよけいなものを撮ってしまったり、焦点がぼけていたりと。撮影後26日にセミプロの方から各自が持ち寄った作品の講評を受けました。構図が大事である... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 3

2016/11/28 20:59
スーパームーンと勘違いして前日13日夜撮った月は最高
スーパームーンと勘違いして前日13日夜撮った月は最高 the largest moon in 68 years. an extra-bright "supermoon"は11月14日の夜だったのですが、私は勘違いして、13日の夜、ベランダに出て月をキャッチしようとカメラを天空に向けていました。中秋の名月を撮った時のように撮影に適した場所を選ばず衝動的にベランダに出てしまったのです。薄曇りの闇夜に月がぼうっとかすんで見えてました。午8時10分過ぎのことです。The moon can be seen dimly in the mi... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/18 02:30
倒産したテーマパークでのんびり遊ぶ
倒産したテーマパークでのんびり遊ぶ 晴天に恵まれた11月2日、滋賀県日野町にある「ブルーメの丘」という農業公園に行きました。人影もまばらな施設(面積35万平方メートルもある)の入場料は大人・1,000円但し、シルバー特典があり入場料を1,000円分の遊戯や飲食などのクーポン券として利用できました。”good idea”ですね。 家族連れの他に三重県から「遠足」で来たという中学生達と出会いました。彼らは、芝滑りなどで遊んで歓声を上げていましたわ。ここのキャッチフレーズは「ドイツ・バイエルン地方の農村をテーマに、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/11 03:21
風にそよぐコスモスに囲まれて秋の風情を楽しむ
風にそよぐコスモスに囲まれて秋の風情を楽しむ 秋本番といいたいところですが、今年は天候不順で日照不足もあり野菜の価格が高騰したり紅葉のずれがあるようです。毎年、丹波亀岡『夢コスモス園』という催しが9月中旬から開催されていますが、ここでも天候の影響でコスモスの開花が遅れていました。800万本ものコスモスが風にそよぐ関西でも有数のコスモス園です。認知度が上がったのか他府県ナンバーの車も珍しくなくなりました。お花を観るだけでなく、美味しい地元特産品を味わったり買えるコーナーもあり一日楽しめますわ。 10月12日に散策した様子をご覧になってください... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 3

2016/10/27 22:59
「ワタシが日本に住む理由」と私が宝塚に魅せられるワケ_その2
「ワタシが日本に住む理由」と私が宝塚に魅せられるワケ_その2 私は、歌劇「桜華に舞え・Samurai the Final 」を観るまでは桐野利明(中村半次郎)について全く知りませんでした。恥ずかしいですけど。 明治時代が始まってまもない頃、維新の立役者同士が対立して戦になった大事件が西南戦争です。政府要人にも深い傷跡を残した、この事件を劇中で少々触れることにいたします。 私には、西郷隆盛に殉じて潔く散っていった中村半次郎の生き様と彼を演じた北翔海莉さんの宝塚人生がだぶって映っていました。北翔さんと相手方・娘役の妃海風さんが同時に退団する最後の舞台が「桜華に... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/10/18 00:28
「ワタシが日本に住む理由」と私が宝塚に魅せられるワケ_その1
「ワタシが日本に住む理由」と私が宝塚に魅せられるワケ_その1 最近、外国人の方が日本に住みつき、日本人以上に我が国のことを理解し、日本の文化を逆にアピールしておられる方々が増えています。 BSジャパンで毎週月曜・午後9時放送されている番組に 「ワタシが日本に住む理由」(司会は俳優の高橋克典さん、アシスタント:TV東京アナウンサーの繁田 美貴さん)というのがありますが、5月16日の放送で紹介されていた方はオーストラリアのバンダバーグ(Brisbaneの近く)出身のケイティ・グローサーさんでした。たまたま、この女性は宝塚歌劇を観て感激。はまってしまって、同じ住... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 3

2016/10/09 17:03
花鳥風月を楽しむ_その3
花鳥風月を楽しむ_その3 京北から、嵯峨野へ来るとなんだか別世界が広がっていました。広沢池は昔々、学生時代にほとりを歩いていた記憶がありますが、こんなに広く、素晴らしい水鏡だとは知りませんでした。みすぼらしい生活をしていたので、風情を楽しむ余裕などなかったのですわ。この近くには、有名な大覚寺があり大沢池で名月を楽しむ観月の宴が催されていました。嵯峨野へ来た目的は、もちろん、中秋の名月をキャッチしたいというもくろみがあってのことです。 天体望遠鏡で見るのと違って、コンパクトデジカメで天体を撮影するのは... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/21 04:14
花鳥風月を楽しむ_その2
花鳥風月を楽しむ_その2 9月16日、思いがけない展開がありました。京都市右京区京北下中町の農地で、1万本のひまわりが見頃を迎えているという記事を読み、早速出かけてみました。鑑賞だけでなく、水はけのよい畑に改良する狙い(土壌改良)もあり、地元の関係者が今年限定でひまわりを育てたそうです。ひまわりに囲まれ「よくぞいらっしゃいました」と歓迎の挨拶を受けた気分になりました。ここに来たことで「中秋の名月」を見に行くことにつながろうとは。不思議な因縁を感じます。ひまわりは「向日葵」と書くので太陽を追って花がまわるという俗説があり... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 3

2016/09/19 01:40
花鳥風月を楽しむ_その1
花鳥風月を楽しむ_その1 今年はことのほか暑く、冬ごもりならぬ夏ごもりといった状況で、外出を控え、何かに集中する勢いがそがれてしまいました。各地で自然災害が猛威をふるっていますしね。 でも、秋は着実にやって来ている。自然の摂理とは人知を越えていますね。台風が何度も日本周辺に襲来するものだから、中秋の名月を楽しめるのか期待できそうにありませんが秋の風情をちょっとばかり楽しんでみたいと思います。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/15 01:44
自家製のミニトマトと「ルビー」のコラボ
自家製のミニトマトと「ルビー」のコラボ 最近は雑事におわれ、家でくつろぐなどなかなか・・・、そんなわけで少々ばて気味です。それでも、忙中閑あり。8月5日の夕暮れ時、猛暑のおかげか?たわわに実った自家製のミニトマトを収穫することが出来ました。黄色がかったトマトが多かったけれど味はなかなかいける。収穫後、また、私の悪い癖でオカメインコ「ルビー」の反応が観たくなり、テーブルに敷物をしきその上ににミニトマトをゴロゴロとおいて「ルビー」を放って様子を見ました。ミニトマトを眺めるルビーの仕草が可愛い。飼い主の身勝手で♀♂は迷惑したでしょうなぁ。ミ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/06 02:39
2016『国立ボリショイサーカス』を島津アリーナ京都にて観る。
2016『国立ボリショイサーカス』を島津アリーナ京都にて観る。 以前から観たいと思っていた『ボリショイサーカス』が京都で公演されることを知り、早速、前売り券を購入しました。公演初日7月21日は蒸し暑かったですね。”道中はまぶしき光顔を差しむき出しの手にヤブ蚊ガブリと”観戦の前後も、真夏の厳しい挑戦を受けねばなりません。涼しい電車に乗ってやれやれでしたわ。ところで、ボリショイサーカスとは、ロシアのサーカス団が日本など海外で公演する際に名乗る『ブランド名』だそうな。「ボリショイ」とはロシア語で「大きい、大変な」という形容詞で、『ボリショイサーカス』とはすなわち『... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 3

2016/07/30 01:21
日没の散歩道で見出した蝶と花
日没の散歩道で見出した蝶と花 7月12日の日没、散歩に出かけた。コースは幾通りも、いや無限に近いかも。たまたまこの日、住宅街の中でも茂みに近い所を歩いていたところ、斜面から、黒い羽が落ち葉のように、ひらひらひらと私の側に舞い降りてきたのです。それは一羽の黒蝶でした。 よくよく見ると、背中が青緑の光を放っている珍しいもの。妖しく光る黒い蝶に見とれてしまい、カメラに収めるチャンスを失ってしまいました。ポケットのスマホに指をかけたときはすでに遅く、妖しい黒蝶は斜面の裏側に姿を隠してしまいました。 それ以来、日没に近くなるとあち... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/07/21 04:21
阪神百貨店で開催されている「小鳥ガーデン2016」に趣く。
阪神百貨店で開催されている「小鳥ガーデン2016」に趣く。 梅雨時で不安定な天気が続き、心まで憂鬱になりそうですが、久しぶりに大阪へ出かけました。「小鳥ガーデン2016」と銘打った催しが、今月22日(水)から阪神梅田本店で開催されています。初日は平日だから、ギャラリーは少ないだろうと思いきや、小鳥関連グッズを購入する人の長い列が出来ていました。犬や猫から比べると、小鳥の飼育率は7%ほどの市場ではありますが、私を含めて、小鳥好きが結構いるものだなぁ、と改めて感じました。 「小鳥ガーデン... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/25 04:27
〜命のバトンタッチ〜
〜命のバトンタッチ〜 オカメインコ「タナ」が失踪してから早いもので2ヶ月になります。悲しみに打ちひしがれ、4月19日に交番や自治会などに捜索願を提出した後、雛の「タナ」を斡旋して下さったペットショップにたまたま立ち寄りました。3年半も経っていたのでご主人は忘れておられた(私のこと?「オカメインコ」のこと?)ようでしたが、「タナ」の一件を話し出すと・・・”あああの時の”と思い出されて、”大変なことになりましたね。そういう事案(飛んで行ってしまう)結構多いんですよ” と言われました。私は、好みのオカメインコが生まれる情報... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/15 17:54
採れたての「イチゴ」とオカメインコ「ルビー」とのコラボ
採れたての「イチゴ」とオカメインコ「ルビー」とのコラボ 5月27日は、自宅の周辺に自生する「イチゴ」を収穫しました。畝を作ったりとか一度も手を加えていないのに、ここ数年になってよく採れるようになりました。他の作物(ミニトマトなど)に肥料をまいているからかも知れませんが。飛び飛びに生え、隠れている赤い「イチゴ」を探り当てるのは楽しいものです。小粒ながら甘酸っぱい香りが小籠の中であふれている。これをオカメインコの「ルビー」に見せてあげたいと思い立ち、鳥かごの所へ持って行き、反応を試してみました。「ルビー」は目が赤いアルビノ種のオカメインコ。まったりとした... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 3

2016/05/29 02:45
「京都市動物園」に行って童心に返る−その2
「京都市動物園」に行って童心に返る−その2 ◆ゾウの森:2015年2月28日にはゾウたちの息づかいを感じられる新ゾウ舎「ゾウの森」のオープンと共にラオス人民民主共和国から寄贈されたゾウたち4頭のゾウがお披露目された。これまで同園で暮らしてきた「美都(みと)」と合わせて5頭が飼育されることとなった。 22.アジアゾウ:Asian Elephant分 類:長鼻目 ゾウ科:ほ乳類分 布:インド,東南アジア特 徴: インド・東南アジアの多湿な低地の密林や高地の森林に生息している。 雌とその子どもからなる... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/17 06:28
「京都市動物園」に行って童心に返る−その1
「京都市動物園」に行って童心に返る−その1 5月5日は「子供の日」、晴天に恵まれ清々しい。童心に返って、「京都市動物園」に行ってみようと思い立ちました。落ち込んだ気持ちを癒やすためにも。この日は連休で一番の人手になったのではないでしょうか。親子連れや若いカップルでいっぱい、動物しか持っていない、純粋な世界に触れると、心が洗われるようです。3年前、「研修目的」で来園した時は冷たい雨が降る天候で、あまり園内を歩いていませんでした。あれから、「ゾウの森」が出来たり、その他の施設がリニューアルされ、入園者が増えたと聞き及んでいます。来園された方も... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/17 05:28
オカメインコ「タナ」との別れ
オカメインコ「タナ」との別れ 4月18日(月)、この日がオカメインコ「タナ」との永遠の別れになろうとは、想いもしませんでした。我が家の家族となって、わずか3年半余りで忽然と消えてしまったのです。午前10時過ぎ、餌を食べた後、部屋を飛び回ってから、細君の肩に止まって一緒にTVを見ている様子でした。安心した私は振り返えらず新聞に目を通し始めて10分くらいたった頃でしょうか、細君が2階からドタドタと慌てて降りてきて「タナちゃんが飛んで行ってしまった」と叫んだのです。彼女は肩に止まっている「タナ」のことを忘れてしまい洗濯物を干しにベ... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/04/23 01:51
ベトナムへ行き成り・ひとり旅−その7(最終回)
ベトナムへ行き成り・ひとり旅−その7(最終回) 《ホーチミン市はフランス統治時代を懐かしむかのような街》 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/03/29 09:12
ベトナムへ行き成り・ひとり旅−その6
ベトナムへ行き成り・ひとり旅−その6 《クチというベトナム戦争の歴史遺跡を訪ねて》 2月27日の午前中は、ホーチミン市の北西約70kmほどの距離にあるクチトンネル歴史遺跡(ホーチミン市クチ郡にある)という ベトコン(南ベトナム開放民族戦線)の拠点だった場所に行きました。 ベトナム戦争に派兵した国(アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、韓国 、タイ、カンボジア、ラオスなど)とは国交を回復し、過去の忌まわしいはずの戦場跡地を観光地として活用し、国内外の観光客をたく... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/03/24 02:56
ベトナムへ行き成り・ひとり旅−その5
ベトナムへ行き成り・ひとり旅−その5 《有名なレストランでの夕食とホテルでのひととき》 26日の黄昏れ時。ホーチミンは、28度Cほどあったのにそれほど暑く感じない。タンソンニャット空港に着いてから、3人目のガイド・ホアンさんに案内してもらい、ホーチミン市街地の夜景を楽しませてもらいました。金曜日の夜は、ここでも”花金”なのでしょうか。若者達(殆どがアベック)がバイクで繰り出し、繁華街ではしゃいでいました。クラクションが響き渡り、ネオンがきらめき、陽気な南国ムードに満ちあふれた街ホーチミン。”私もハイティーンに戻... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/03/19 01:34
ベトナムへ行き成り・ひとり旅−その4
ベトナムへ行き成り・ひとり旅−その4 《ハノイ市内の名所・旧跡を訪ねる》 2月26日、この日は、名所・旧跡を巡った後、夕方の便でホーチミン市へ飛ぶ段取りになっていました。ハノイに着いて以来、曇り空ながら三日間、雨が降らず、有り難い。「大日天」に感謝 申し上げねばなりません。文廟、ホー・チ・ミン廟、一柱寺、西湖府の順に話を進めてまいります。 ハノイ市街地略図 文廟へ行く途中で見えたハノイ大教会(セント・ジョセフ教会:Nh... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/03/16 04:53
ベトナムへ行き成り・ひとり旅−その3
ベトナムへ行き成り・ひとり旅−その3 《世界自然遺産に指定されているハロン湾へ向かう》 翌日2月25日は、朝から、ハロン湾へ行く日程なっていましたので、ハノイの朝の光景はカットしてもいいのですが、前回の話の続きとして申し上げますと。ネオンがひときわ明るかった建物は「サーカス場」でした。 ハノイサーカス場 朝の光景ハノイに常設のサーカス場があるなんて、今時珍しいと思いました。子供の頃、日本で見たサーカスは、巡業型の木下サーカスなどで、常設のサーカス場など記憶にありませ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/03/12 03:51
ベトナムへ行き成り・ひとり旅−その2
ベトナムへ行き成り・ひとり旅−その2 2月24日の午後、夫婦ずれと別れ、私は現地ガイドさんの案内でタンロン水上人形劇という伝統芸能を見に行きました。開演は14:15分頃(時差が2時間あり、日本時間では16:15)でしたっけ。ハノイ及びホーチミン市で常設の劇場があるほかベトナム各地で上演されている。水上人形劇は1000年もの歴史をもつ伝統芸能だそうです。 この人形劇を語るとき、Le Loi(レロイ)王にまつわる話を知っておいた方がよいでしょうね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 3

2016/03/08 05:23
ベトナムへ行き成り・ひとり旅−その1
ベトナムへ行き成り・ひとり旅−その1 《まずはハノイへ旅立つ》−Sympathy for Vietnam Travelベトナムへ、なぜ、と思われるかもしれませんね。 昭和44(1969)年頃、 日本のみならず、世界各地で起こっていたベトナム戦争反対デモを見て、私は初めて「ベトナム」という国に関心を持つようになりました。沖縄から出撃するB52戦略爆撃機や死亡した帰還兵の棺、そして何よりも非人道的な戦争で、家族を失い逃げ惑うベトナム人の凄絶な写真がジャーナリストによって世界へ知れ渡りました。 ベトちゃんドクちゃんの... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/03/04 05:04
Mainは永観堂の紅葉を楽しむはずだったのだが・・・
Mainは永観堂の紅葉を楽しむはずだったのだが・・・ 12月も半ばになり、今頃になって紅葉の話題を記事にするのも気が引けるのですが、11月16日(月)、地下鉄東西線、蹴上駅から歩いて京都で紅葉の名所の一つといわれる通称「永観堂」=禅林寺を訪れました。平日だから、ゆっくり紅葉を楽しめると思いきや、人人人の波({外国人旅行者=中華系が殆ど}や日本人観光客)で通り道はごった返していました。晴天だったこともあるでしょうが。観光バス・自家用車が狭い道路を縫って入ってくるし、慌ただしかったですわ。それと、カメラのアングルが同じ所に集中していたことでしょうか。 ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 3

2015/12/18 01:03

続きを見る

トップへ

月別リンク

きらきら

高菜の万華鏡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる