高菜の万華鏡

アクセスカウンタ

zoom RSS 信州中央アルプスと美濃の国の恵みに感激する旅_その1

<<   作成日時 : 2017/11/11 02:40   >>

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 2

今年は10月になっても台風の影響を受け全国的に天候不順な日が多かったですね。
10月19日(木)から21日にかけて、私は長野・岐阜方面の旅行予定を組んでいました。
中旬以降に襲来されると予想された台風21号の動向は気がかりでしたが、今更変更キャンセルするのもしゃくに障るので台風と対峙して決行したのです。
19日は長野県駒ヶ根市にある「養命酒駒ヶ根工場」見学だけして宿泊することに、雨よけには最適の場所となりましたわ。「養命酒」は少年時代に飲んだことがありましたが、製造現場を見るのは初めてのことです。この工場は自然の傾斜を巧みに利用して原材料を製造ラインまで送っているそうです。消費電力を最小限に抑えたアイデアには驚きましたね。

今では「養命酒」だけでなく多種類の製品が出荷されており、海外にまで販路が拡張しているとのことでした。

◆自然環境に恵まれた「養命酒駒ヶ根工場」と歴史



広大な駒ヶ根工場の敷地全体がハイキングコースになっている。敷地面積は約36万u。「養命酒」は、創製から400年を経た今も、昔と変わらず、信州伊那谷の豊かな自然の中で造られています。長野県駒ヶ根市、中央アルプス空木岳(うつぎだけ)の山麓、標高800mに広がる爽やかな高原地帯にある工場です。敷地の70%が自然の森林に覆われた生産環境は、自然の生薬を原材料にし、”合醸(ごうじょう)”と”熟成”を経て造られる「養命酒」には最適なものとなっています。


             養命酒駒ヶ根工場3Dマップ_google提供
【歴 史】
養命酒は、日本産の薬用酒である。製造元に残る伝承によれば、慶長年間、信州伊那郡大草領(現在の長野県上伊那郡中川村大草)に住んでいた庄屋の塩沢宗閑翁が、雪の中で倒れていた老人を助けた。この老人が塩沢の元を去るときに、礼として薬用酒の製法を教えてくれたものが養命酒の起源だという。1602年、「養命酒」の名で製造開始。1603年には徳川家康に献上され、そのときに「飛龍」の印を使うことが許されたという。日本初の商標ともいわれている。赤穂浪士が養命酒を飲んでいた記録があるほか、1774年刊行の小説、『異国奇談和荘兵衛』に養命酒が登場している。長らく塩沢家で製造されてきたが、大正12(1923)年には製造元が会社組織になった。現在では親会社である大正製薬ホールディングスの傘下にある。
◆「養命酒駒ヶ根工場」の見学


見学の様子_1




見学の様子_2




生薬の説明パネルの一部


◆養命酒の効能・14種類の生薬の作用を知る






補う作用





温める作用




取り除く作用





巡らせる作用


◆製造工程の一部説明




薬用「養命酒」の原酒づくりは良質な「みりん」づくりから始まりますと説明するガイドさん




製造工程パネル説明_1_仕込み水・米麹・もち米それぞれの工程を表したもの。






製造工程パネル説明_2 _麹種付け工程(蒸したうるち米に種もやし{麹菌}を混ぜる)
そして、養命水(中央アルプス駒ヶ根高原、地下150mから汲み上げられたNaturalMineralwater)が注がれ撹拌して養命酒のベースができあがっていく。


◎次の工程で14種類の生薬と養命酒のベースを混ぜ合わせ濾過して「原酒」が出来るというわけでございます。手間暇をかけてますわ。


〜養命酒の工場見学が終わってホテルで一服〜


ホテルは夕食・朝食共にバイキング形式でした。メニューがとても豊富で美味しかったです。


◎10月中旬ともなれば、中央アルプス一帯は紅葉真っ盛りといいたいところですが、地球の温暖化の影響は年ごとに深刻になってきているようです。下記の写真はロビーにあった初冠雪の中央アルプスの写真です。本来ならこのような景観が楽しめたはずだったのになぁ。








ベストな天候に恵まれたら、アルプスと満天の星空を背景にして挙式するカップルもあるとか。羨ましい・・・




☆☆☆20日の駒ヶ岳ロープウェイ搭乗の無事を祈ってGood night ☆☆☆

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 19
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
メッセージありがとうございました。
ブログは有料にして、消え去ったHTML・ジャバを
修繕中ですが、コンサート等で忙しくなかなか・・・
ライブドアのブログ名簿も消えて困っています
採算が取れない由・・・

養命酒は昔から薬屋さんに看板が下がっていましたね。
私はみりんは養命酒です。

ハッピー
2017/11/12 10:43
台風の近付く中、いい旅を
されましたね。なるほど、外が
荒れ模様でも、養命酒の工場施設の
中ならば大丈夫。何せ「命を養う」
養命酒ですから。ハイキングコースの
完備した広大な敷地にはびっくりしました。
yasuhiko
2017/11/12 17:43

コメントする help

ニックネーム
本 文

きらきら

信州中央アルプスと美濃の国の恵みに感激する旅_その1 高菜の万華鏡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる